コイン

アンティークコインの金額ってどれくらい?価格はどう決まる?

価格

2019.5.27


趣味や投資として人気が高まっているアンティークコイン。日本でも注目度が高まっているのですが、まだまだマイナーな存在と言えます。

 

そのため、アンティークコインの金額や価格がどうやって決まるのかなどわからない方も多いのではないでしょうか。金額がわからないため、手が出しにくいというイメージを持つ方が多いです。

 

しかし実は、意外と低い金額でもアンティークコインを手に入れることは可能です。そこで今回は、アンティークコインの金額について紹介していきます。

 

1 アンティークコインの金額について
1.1 そもそもアンティークコインとは?
1.2 アンティークコインの金額はバラバラ
2 アンティークコインの金額はどう決まる?
2.1 アンティークコインの金額が決まる要素
2.2 アンティークコインが投資として魅力的な理由
3 まとめ

 

1 アンティークコインの金額について

コイン

アンティークコインに興味を持っていても、金額が高ければ手を出すことができません。そこで知っておきたいのが、アンティークコインの金額についてです。

 

金額を知れば、入手を考える方もいるのではないでしょうか。そこでここでは、アンティークコインの金額について紹介していきます。

 

1.1 そもそもアンティークコインとは?

金貨

まずは、アンティークコインは何なのかを説明しておきましょう。アンティークコインは、一般的に100年以上前に製造・流通したコインのことです。

 

各国で貨幣は製造・流通されており、アンティークコインの種類はとてつもなく多いです。一説によると、現在全世界には20万種類ものアンティークコインが存在するとされています。

 

世界中にアンティークコインのコレクターはおり、市場としても大きいです。日本ではまだまだマイナーですが、徐々に注目が高まっています。

 

1.2 アンティークコインの金額はバラバラ

お金

アンティークコインの金額ですが、種類によって全然違います。コインの種類は20万種類とも言われており、取引される金額はバラバラです。

 

安い価格のアンティークコインであれば、数千円で入手することもできます。逆に、高額のアンティークコインになれば億単位で取引されることもあるのです。

 

ちなみに、これまで最高額で取引されたアンティークコインとして、1794年にアメリカで初めて1ドル硬化として発行された「フローイング・ヘア・ダラー」が有名です。このコインは2013年1月にニューヨークでオークションにかけられ、約1002万ドルで競り落とされています。

 

日本円にして約11億円であり、アンティークコインの金額は種類によって全然違うことがよくあります。

 

2 アンティークコインの金額はどう決まる?

電卓

アンティークコインの金額は、種類によってバラバラです。数千円で入手できるコインもあれば、数億円以上で取引されるコインまであります。

 

そこで気になるのが、アンティークコインの金額はどう決まってくるのかではないでしょうか。ここからは、アンティークコインの金額の決まり方について紹介していきます。

 

2.1 アンティークコインの金額が決まる要素

グラフ

アンティークコインの金額は、様々な要素が関係しています。その中でも、主に以下の3つの要素がポイントになります。

 

1. コインの残存枚数
2. 需要と供給のバランス
3. コインの状態

 

コインの残存枚数が少ないアンティークコインの種類ほど、高額で取引されやすいです。なぜなら、希少価値が高くなるからであり、逆に言えば大量に流通している種類は安い価格で取引される傾向があります。

 

需要と供給のバランスもポイントです。需要があるほど価格は高くなり、高い金額で取引されます。

 

さらに、コイン状態も重要です。未使用なコインなら高額になりやすく、キズがあったり摩耗が進んでいたりすれば金額は安くなりやすい傾向があります。

 

このように、コインの種類や需要と供給、コインの状態によって取引される金額は違ってくるのです。

 

2.2 アンティークコインが投資として魅力的な理由

時計

アンティークコインが投資として魅力的なのは、コインの金額が残存枚数や需要と供給によって変動するからです。残存枚数が少なくなれば、自然に供給量が減って希少性が高くなります。

 

供給が少なく需要が高まれば、市場原理的に取引される価格が高騰することになります。これを利用することで、アンティークコイン投資をすることができるのです。

 

将来的に需要が高まって価格が高騰するコインを入手できれば、投資は成功することができるでしょう。

 

3 まとめ

パソコン

アンティークコインは世界で20万種類あるとされており、金額については種類によってバラバラです。数千円で入手できるコインもあれば、億単位で取引されるようなコインまであります。

 

アンティークコインの金額を決める要素は、「残存枚数」「需要と供給」「コインの状態」などが挙げられます。残存枚数や需要と供給で金額が変動するため、アンティークコインは投資として注目されているのです。

 

ぜひ、趣味や投資としてアンティークコインを収集してみてください。


お得な情報をLINE上で配信中!
アンティークコインTVでは、アンティークコインTVに関する限定情報や
お得な情報をLINE上で配信しております。ぜひご活用ください。
友だち追加 QRコード