アメリカ造幣局 コイン 彫刻家 紹介

価格

2016.3.2


アンティークコインTV編集長の神田茂樹です。コインをおかずにご飯が食べられます。

 

早速ですが読者の皆さまは

「そういえばコインのデザインって誰してるんだろう?」

って思ったことはありませんか?

 

はい。そうですよね。ありますよね。

 

ということで、今回はアンティークコインには不可欠と言っても過言ではない、

アメリカ合衆国造幣局の彫刻家の方々をご紹介します。

集合


彫刻家・アメリカ合衆国造幣局

Charles L. Vickers

 

チャールズL.ビッカース

まず1人目です。チャールズL.ビッカースは北東テキサス州で生まれ育ちました。

陸軍第101空挺師団と義務のツアーの後、彼はアートのアート・スチューデント・リーグ(140年の間、全ての社会的階級からの学生に対応するために柔軟なスケジュールの上に手頃な価格のクラスを提供するという伝統があり、 アーティストがフルタイムで勉強したとしても学年も学位もなく、この型にはまらないスタイルがこの学校の特徴です)とフランク・ライリー学校で勉強するためにニューヨークに行きます。そしてプラット・インスティテュートやビジュアルアートの学校に通います。

1976年に、ペンシルベニア州に移動し、1985年にシニア彫刻家として名前を残し、自身のスタジオを設立以来、世界中の多くの個人のコレクションで彫刻家として名を残しています。

彼のプライベート彫刻クレジットのうちロナルド・レーガン図書館の公式メダル、ロナルド・レーガン図書館で設定された自由のフォーピラーズ、ロナルド・レーガンの公式洗礼メダル、公式ロナルド・レーガン大尉のメダル、教皇ヨハネ・パウロ二世25周年記念メダルと2001年のジョージ・W・ブッシュ公式就任のメダル(デザインやスカルプト)。

ビッカースは、浅浮き彫りでメダルやコインのデザインを作成し、2003年12月に米国造幣局の彫刻として参加しています。

 


彫刻家・アメリカ合衆国造幣局

Don Everhart

ドン・エバーハート

ドン・エバーハートは、ニューヨーク生まれました。

2004年1月にペンシルベニア州の彫刻家、彫刻のアメリカ合衆国造幣局チームの一員になり、

翌年1972年にカッツタウン州立大学で絵画で美術学士号を取得しています。

デザイナーとして、フランクリン・ミントに参加し彼が5年間に渡り、彫刻家の位置を、築きあげました。

1980年3月には、フリーランスのキャリアを追及する為にフランクリン・ミントを後にしています。

この期間中、彼の作品は置物、プレート、コインやメダルなどが含まれています。

彼が手がけた作品は。ウォルト・ディズニーやティファニーなど王立ノルウェーと英国のロイヤルミントなどの国際ミントなどの著名な企業が含まれていました。

エバーハートの作品は国際的に展示されているとスミソニアン協会、大英博物館、アメリカ貨幣協会、国立彫刻協会など、永久コレクションがあります。

彼が手掛けた作品の中に、クリントン大統領の第二項の正式就任メダルがあります。

1997年には1994年に年賞の権威あるアメリカ貨幣協会の彫刻家の地位を築き、アメリカのメダルの彫刻協会(1993年から1994年)の元社長であり、国立彫刻学会のフェローメンバーです。


 

メダルの彫刻家・アメリカ合衆国造幣局

Joseph Menna

ジョセフMenna

ジョーセフMennaは、2005年にアメリカ合衆国造幣局のスタッフとして参加しています。

彼は、伝統的なデジタル彫刻や図面のすべての面で熟練し、アメリカ合衆国造幣局デジタルコインのデザインと製造の世界的リーダーを担ってきました。

アメリカ合衆国造幣局にデジタルで初めての熟練アーティストになります。

アメリカ合衆国造幣局初のデジタルで作成された硬貨の発展に尽力し、この常に進化クラフトの最前線に残る事務局に貢献し続けています。

アクティブなフリーランスのキャリアを維持し、デジタル彫刻の世界をリードする実務家の一つとして認識されています。

 


メダルの彫刻家・アメリカ合衆国造幣局

Phebe Hemphill

Phebeヘンフィル

ヘンフィルは、ペンシルバニア美術アカデミーを卒業し、フィラデルフィアの彫刻家EvAngelos Frudakisとの3年間一緒に研究をしています。

1987年に、彼女はフランクリンミントで彫刻部門に入社し、次の15年間、磁器、メダルの部門の多くのプロジェクトに取り組んでいます。

置物、メダリオン、人形、おもちゃや庭の装飾を生産する様々な企業と協力しながら、フリーランスの彫刻家として、創造的な才能を発揮しています。

2006年に彫刻家、彫刻の米国造幣局のチームに参加する前に、彼女はブルーミングデール、ニュージャージー州のマクファーレントイズで3年間彫刻家として働いています。

彼女の彫刻は国立彫刻協会、アメリカのメダルの彫刻協会、ウエストチェスター大学とフィラデルフィアのFANギャラリーに展示されています。

2000年には、国立彫刻協会からAlex J. Ettl Grant賞を受け、2001年にはフランクリンミントからルネサンス彫刻賞を受賞しています。

 


メダルの彫刻家・アメリカ合衆国造幣局

Jim Licaretz

ジムLicaretz

フィラデルフィアのペンシルバニア美術アカデミーの卒業生です。

彼は比喩彫刻や教育のフィラデルフィア会で奨学金で4年間通い、J.ヘンリーSchiedt、ならびにエドモンドスチュワードソン賞を受賞しています。

2006年にメダルの彫刻家としてアメリカ合衆国造幣局に参加しています。

彼が最初にフランクリンポーセリンとペンシルベニア州フランクリンミントで彫刻家となり、カリフォルニア州のマテルのマスター彫刻家と芸術ソリューションおよびカリフォルニア州の生産で彫刻部門のマネージャーとなりました。

また、フィラデルフィアのフライシャーアートメモリアル、ロサンゼルスのアートとデザインのオーティス・スクールとサンフランシスコの芸術大学のアカデミーで教員を務めていました。

Licaretzの作品は、多くの個人コレクションで表現されており、大英博物館、ロイヤルコイン内閣、ストックホルムの経済の国立博物館、スウェーデン、アメリカ貨幣協会とスミソニアン博物館で見る事ができるなど。彼の作品は米国の広範囲に渡って彫刻を展示しています。

彼は、アメリカのメダルの彫刻協会と連盟国際デルMedailleの国立彫刻社会と彫刻家のメンバーの仲間のメンバーの元社長です。

多くの賞と栄誉の中で優秀作品を残しています。

2008年には、アメリカ貨幣協会のメダルの彫刻部門で入賞・1986年には、ジョンソンアトリエ全国コンクールでアーティストプロリーグゴールドメダル。

1987年のベストショーで「彫刻1987」グランド・ナショナル・エキシビション。

彫刻家とぢては、名誉の1986金賞年次オープン展のニッカーボッカーアーティスト。

1976年には彫刻のための名誉勲章でもある、イントロスペクション彫刻賞に輝いた経歴の持ち主となります。

 


メダルの彫刻家・アメリカ合衆国造幣局

Michael Gaudioso

マイケルGaudioso

フィラデルフィアの芸術大学の卒業生です。

彼はニューヨーク市の造形芸術のニューヨークアカデミー大学院から美術の修士号を取得しています。

1995年から1999年まで、彼はサンクトペテルブルク、ロシアの名門レーピン研究所で彫刻を学びました。

彼は古典的に訓練された製図や彫刻家で、ヴィラノヴァ大学で図形描画を教えてきた経歴もあります。

2009年にアメリカ合衆国造幣局の彫刻彫刻部門に入社する前は、Gaudiosoはアメリカ最古かつ最大のステンドグラス工房、ウィレットハウザーのマスター画家やデザイナーとして働いていました。

 


彫刻家・アメリカ合衆国造幣局

Renata Gordon

レナータ・ゴードン

2010年12月、レナータ・ゴードンは、フィラデルフィアの芸術の大学から彫刻の美術学士号を取得しています。

彼女は彫刻の関心に加えて、才能豊かな画家であり、多くの美しい公共および民間の壁画や肖像画を作成するために選ばれた人間になります。

伝統的なデジタル彫刻や、コイン・メダルデザインを学びつつ過去3年間にインターンとして2011年3月に米国造幣局の彫刻家・彫刻部門に参加しています。

その中でも彼女は彫刻・新しいコインやメダルのデザインを担当しています。

 


いかがでしたでしょうか?

優秀な彫刻家達により、数多くのコインが生まれています。

私にもこんな才能が欲しかった、、、。

こういった視点からコインを見てみるとコインに対しての探求心がますます湧いてきますね!。

やはりコインの歴史・面白さは尽きないなと改めて実感。みなさんにもこのコインの面白さを

どんどん共有したいと思う今日この頃でした。

それでは今日もポップコーンを片手に、大好きな古代コインとイギリスコインを部屋で眺めます。

 


お得な情報をLINE上で配信中!
アンティークコインTVでは、アンティークコインTVに関する限定情報や
お得な情報をLINE上で配信しております。ぜひご活用ください。
友だち追加 QRコード