男性

アンティークコイン投資のデメリット!その対策方法とは?

記事

2019.5.13


アンティークコインは、投資として魅力的です。古いコインであるアンティークコインは、供給量が増えることがないため、需要が高まれば価値が高騰する可能性が高いです。

 

そのため、アンティークコインは投資家から好まれています。しかし、そんなアンティークコインにもデメリットがあります。

 

アンティークコイン投資をするなら、デメリットも理解した上で行うべきです。そこで今回は、アンティークコイン投資のデメリットとその対策について紹介していきます。

 

1 アンティークコイン投資のデメリット

1.1 市場規模が小さい

1.2 投資金額が大きい

1.3 短期の投資に向いていない

1.4 偽造コインの危険性

2 アンティークコイン投資のデメリット対策

2.1 情報収集

2.2 余剰資金で投資

2.3 安全な業者を利用する

3 まとめ

1 アンティークコイン投資のデメリット

コイン

アンティークコイン投資は魅力的な反面、デメリットもあるのが現実です。主なデメリットは、以下の4つが挙げられます。

 

  1. 市場規模が小さい
  2. 投資金額が大きい
  3. 短期の投資に向いていない
  4. 偽造コインの危険性

 

それぞれどんなデメリットなのか、詳しく紹介していきます。

 

 

1.1 市場規模が小さい

トレード

『投資』と言えば、株式市場や不動産市場など大きな市場をイメージします。しかし、アンティークコインの市場は、それほど大きくはありません。

 

注目されている投資ではありますが、やはり株式市場や不動産市場に比べれば小さい市場です。とくに日本では知名度も低く、市場はとても小さいのが現実となっています。

 

市場が小さいため、どうしても流動性に欠けてしまいます。その結果、売却したい時に売れない可能性もあり、デメリットとなっているのです。

1.2 投資金額が大きい

アンティークコイン投資の場合、投資金額が大きくなってしまうのもデメリットです。アンティークコイン投資では、希少価値が高いものほど投資として魅力があります。

 

しかし、希少価値が高いものは、すでに価値が高いケースが多いです。数万円~数十万は必要であり、場合によっては数百万円かかることもあります。

 

そのため、ある程度のまとまったお金が必要です。

 

1.3 短期の投資に向いていない

コイン

アンティークコイン投資は、短期の投資には向いていません。株式市場のように、短期的な値動きはありません。

 

しかも、アンティークコインの取引では手数料が必要になります。短期で何度も取引をすれば、無駄にコストがかかってしまいます。

 

そのため、基本的には短期の投資には不向きです。投資で短期間の間に利益を出したいなら、アンティークコインは控えるべきでしょう。

 

1.4 偽造コインの危険性

メガネ

アンティークコイン投資におけるリスクとしては、偽造コインが挙げられます。世の中には、数多くの偽造コインが出回っています。

 

手に入れたアンティークコインが偽物なら、投資としては大きなマイナスです。しかも、アンティークコインに関する情報は少ないため、騙されるリスクもあります。

 

偽造コインのリスクがあるのは、アンティークコイン投資におけるデメリットとなっているのです。

2 アンティークコイン投資のデメリット対策

アンティークコイン投資における、主なデメリット対策は以下の3つが挙げられます。

 

  1. 情報収集
  2. 余剰資金で投資
  3. 安全な業者を利用する

 

それぞれのデメリット対策について詳しく紹介していきます。

 

2.1 情報収集

コイン

アンティークコイン投資におけるデメリット対策としては、情報収集が有効です。情報を知らなければ、投資で失敗するリスクが高くなります。

 

また、情報を集めることで、今後注目されそうなアンティークコインを予測したり、取引しやすいコインを探したりできるでしょう。

 

さらには、偽造コインの情報なども収集すれば、騙されるリスクを抑えることにもなります。どんな投資でも同じですが、情報はとても重要となっているのです。

 

2.2 余剰資金で投資

懐中時計

短期の投資に向いていていないというデメリット対策には、余剰資金で投資するという手段が有効です。余剰資金なら、長期間の投資でも問題はありません。

 

アンティークコイン投資は、保有期間によって利益に開きが生じます。せっかく高騰し始めたのに、「現金が必要だから」という理由で売却してはもったいないです。

 

投資として成功させるためには、余剰資金で余裕を持った投資をするのがポイントです。基本的には、長期間保有すると考えておいた方がいいでしょう。

 

2.3 安全な業者を利用する

時計

偽造コインの危険性や騙されるリスクを回避する方法としては、安全な業者を利用することが対策になります。アンティークコインの取引をする際には、業者を利用するのが一般的です。

 

業者によって信頼度はまちまちです。鑑定機関のチェックをクリアしたアンティークコインしか扱っていない業者もあります。

 

安全な業者を利用すれば、偽造コインを掴まされる可能性は低くなります。投資では無駄にリスクを高めるのが厳禁であり、安全な業者を利用するのがセオリーと言えるでしょう。

3 まとめ

砂時計

アンティークコイン投資にもデメリットがあります。主なデメリットには、「市場規模が小さい」「投資金額が大きい」「短期の投資に向いていない」「偽造コインの危険性」が挙げられます。

 

それらの対策方法は、「情報収集」「余剰資金で投資」「安全な業者を利用する」です。これらだけで完全に対策になるわけではないですが、投資を成功させるためには必要なポイントとなっています。

 

アンティークコイン投資をする際には、デメリットも理解するべきです。理解した上で、その対策を検討して無理のない投資をするのがおすすめです。

 


お得な情報をLINE上で配信中!
アンティークコインTVでは、アンティークコインTVに関する限定情報や
お得な情報をLINE上で配信しております。ぜひご活用ください。
友だち追加 QRコード